著書・論文

1. 2019/06 論文  Cellular uptake and release of intact lactoferrin and its derivatives in an intestinal enterocyte model of Caco-2 cells (共著) 
2. 2019/05 論文  Oxaliplatin誘発性神経障害性疼痛(慢性経過)に対するLactoferrinの疼痛緩和並びに神経障害軽減効果 (共著) 
3. 2019/05 論文  がん細胞表層に発現する糖鎖は, ヒトラクトフェリンN-lobeによる抗腫瘍作用を制御する (共著) 
4. 2019/05 論文  ウシラクトフェリン-オレイン酸複合体の細胞毒性 (共著) 
5. 2019/05 論文  ヒトラクトフェリンN-lobeの細胞内取り込み促進は, その抗腫瘍活性を高める (共著) 
6. 2019/05 論文  ヒト血清アルブミンとの融合により血中安定性が向上したヒトラクトフェリン (共著) 
7. 2019/05 論文  ヒト血清アルブミン融合によるヒトラクトフェリンの抗腫瘍活性増強 (共著) 
8. 2019/05 論文  ラクトフェリンN-lobeは, 糖鎖による神経突起伸長阻害を軽減する (共著) 
9. 2019/05 論文  腹膜炎誘発モデルマウスによる炎症に対するラクトフェリンの効果 (共著) 
10. 2018/08 その他  Application of Conditional Generative Adversarial Nets to iPSC-derived Cancer Stem Cell Modeling (共著) 
11. 2017/12 論文  In vitro腸管吸収モデルを用いたヒトラクトフェリン融合タンパク質の腸管吸収の可能性 (共著) 
12. 2017/12 論文  ウシラクトフェリンとオレイン酸との複合体による高分子体形成とその細胞増殖阻害 (共著) 
13. 2017/12 論文  ヒトラクトフェリンN-lobeの構造と機能解析 (共著) 
14. 2017/12 論文  ヒト血清アルブミン融合技術を応用したヒトラクトフェリンの医薬品展開 (共著) 
15. 2017/12 論文  レトロウイルスベクターで作製したヒトラクトフェリンFc融合タンパク質の鉄結合と構造変化 (共著) 
16. 2017/12 その他  近年のラクトフェリン研究の動向 (共著)  Link
17. 2017/08 論文  Hinge-deficient IgG1 Fc fusion: Application to human lactoferrin (共著) Link
18. 2017 論文  Synergistic regulation of lung cancer cells growth with human lactoferrin N-lobe and sulfated glycosaminoglycans (共著) 
19. 2016/03 論文  Soluble human intestinal lactoferrin receptor: Ca2+-dependent binding to Sepharose-based matrices (共著)  Link
20. 2015/11 論文  Affinity selection of peptide binders with magnetic beads via organic phase separation (MOPS) (共著)  Link
21. 2015/07 論文  IgG Fc融合技術を応用したヒトラクトフェリンの医薬品展開 (共著) 
22. 2015/07 論文  ヒトラクトフェリン/ヒト顆粒球コロニー刺激因子融合タンパク質のヒト小腸上皮様細胞Caco-2への取り込みと放出 (共著) 
23. 2015/07 論文  マウス前駆脂肪細胞株( 3T3-L1 )に対するウシ、ヒトラクトフェリンの脂肪蓄積阻害作用 (共著) 
24. 2015/07 論文  ラットにおけるIgG-Fc融合ラクトフェリンの持続的頸静脈内投与による鎮痛活性増強効果 (共著) 
25. 2015/07 論文  医薬品展開を目指した修飾ラクトフェリンの開発 (単著) 
26. 2015/07 論文  小腸上皮細胞上に発現するラクトフェリン受容体(LFR)の機能解析 (共著) 
27. 2015/01 論文  Recombinant human lactoferrin-Fc fusion with an improved plasma half-life (共著)  Link
28. 2013/10 論文  ヒトラクトフェリン‐ヒト顆粒球コロニー刺激因子融合タンパク質のヒト小腸上皮様細胞Caco-2への取り込み (共著) 
29. 2013/10 論文  経口ポリエチレングリコール修飾ラクトフェリン (共著) 
30. 2013/10 論文  創薬シーズとしての遺伝子組換え型ヒトラクトフェリン-IgG Fc (CH2-CH3) 融合蛋白質 (共著) 
31. 2011/09 その他  固相化細胞を用いたファージELISA法の構築 (共著) 
32. 2011/08 その他  全自動二次元電気泳動装置を用いたタンパク質の分離とリン酸化タンパク質の免疫検出 (共著) 
33. 2010/09 その他  全自動二次元電気泳動装置を用いたタンパク質の分離とリン酸化パターンの解析 (共著) 
34. 2010/07 論文  Amino group PEGylation of bovine lactoferrin by linear polyethylene glycol (PEG)-p-nitrophenyl active esters (共著) 
35. 2010/03 論文  個別医療のためのパーソナルプロテインチップの開発 (共著) 
36. 2010/02 論文  PEGylated lactoferrin enhances its hepatoprotective effects on acute liver injury induced by D-galactosamine and lipopolysaccharide in rats. (共著) 
37. 2009/09 論文  Lactoferrin Conjugated with 40-kDa Branched Poly(ethylene Glycol) Has an Improved Circulating Half-Life (共著) 
38. 2009/07 論文  PEG化ラクトフェリンによる鎮痛活性増強効果 (共著) 
39. 2009/07 論文  PEG化ラクトフェリンの肝保護作用および肝細胞への取り込み (共著) 
40. 2009/07 論文  THP-1細胞へのラクトフェリン添加による遺伝子発現変化の網羅的解析 (共著) 
41. 2009/07 論文  直鎖型30 kDaポリエチレングリコールを用いたPEGラクトフェリンの開発 (共著) 
42. 2009/07 論文  直鎖型5 kDaポリエチレングリコール修飾ラクトフェリンの創製 (共著) 
43. 2009/06 論文  PEGylated lactoferrin enhanced its hepatoprotective effects on acute liver injury induced by carbon tetrachloride in rats active esters (共著) 
44. 2009/03 論文  The pH-dependent formation of PEGylated bovine lactoferrin by branched PEG-N-hydroxysuccinimide (NHS) active esters (共著) 
45. 2008/11 論文  Development of polyethylene glycol conjugated lactoferrin for oral administration (共著) 
46. 2008/03 その他  高残存活性、高安定性を有するポリエチレングリコール(PEG)修飾ラクトフェリンの創製  
47. 2008/03 その他  腸管吸収性、血中安定性が向上したポリエチレングリコール(PEG)修飾ラクトフェリンの創製”  
48. 2007/09 その他  全自動二次元電気泳動装置を用いたタンパク質の分離とリン酸化タンパク質の免疫検出  
49. 2007/07 論文  ラクトフェリン2007-ラクトフェリン研究の新たな展望と応用へのメッセージ (共著) 
50. 2007/07 論文  ラクトフェリン2007-ラクトフェリン研究の新たな展望と応用へのメッセージ (共著) 
51. 2007/07 論文  ラクトフェリン2007-ラクトフェリン研究の新たな展望と応用へのメッセージ (共著) 
52. 2007/03 著書  「食べる医薬品」の開発-ポリエチレングリコール(PEG)修飾ラクトフェリンの創製  
53. 2007/03 著書  テクノロジー開発ベンチャー ゲノム医学の最先端と世界のバイオベンチャー(新井賢一、浅野茂隆監修 )  
54. 2006/11 論文  Long polymeric tips of atomic force microscopy for large biological samples (共著) 
55. 2006/11 その他  医薬品への展開を目指したポリエチレングリコール修飾ラクトフェリンの開発  
56. 2006/11 その他  効率的なPEG化ラクトフェリンの作製法  
57. 2006/11 その他  腸溶性ラクトフェリンとPEG-ラクトフェリンにおける体内移行動態並びに体内寿命の比較  
58. 2006/09 論文  Weak Interaction between Inhibition Peptides and a Soluble Receptor of Fusion Protein in the Liquid Phase (共著) 
59. 2005/10 その他  Wnt/Noncanonicalパスウェイが、ゼブラフィッシュ後脳における運動神経細胞の移動を制御する  
60. 2005/10 その他  鰓弓神経節の形成に異常を示す変異体nepの原因遺伝子クローニング  
61. 2005/09 その他  Wnt/Noncanonicalパスウェイが、ゼブラフィッシュ後脳における運動神経細胞の移動を制御する  
62. 2005/09 その他  光造形SPM プローブを用いた液中での細胞イメージング  
63. 2005/08 論文  Dual roles of zygotic and maternal Scribble1 in neural migration and convergent extension movements in zebrafish embryos (共著) 
64. 2004/11 その他  鰓弓神経節の形成に異常を示す変異体nepの原因遺伝子クローニング  
65. 2004/08 その他  The landlocked/scribble1 and ord/celsr2 are essential for migration of the facial motor neurons in the developing zebrafish hindbrain  
66. 2004/06 その他  ゼブラフィッシュ後脳において顔面運動神経細胞の移動を制御するIIk/scrb1およびord/celsr2の機能解析  
67. 2003/12 その他  ゼブラフィッシュ後脳の顔面運動神経細胞の移動に必要な遺伝子の同定  
68. 2003/12 その他  上鰓神経節の形成に異常を示す変異体nepの原因遺伝子マッピングと、運動神経軸策の形成に異常を示す変異体eprの原因遺伝子クローニング  
69. 2003/06 その他  GFP発現トランスジェニック・ゼブラフィッシュを用いた鰓弓神経節、運動神経軸策の形成に関わる変異体の解析と原因遺伝子マッピング  
70. 2003/06 その他  ゼブラフィッシュの顔面神経細胞の移動に必要な遺伝子の同定  
71. 2003/06 その他  ゼブラフィッシュ突然変異体を用いた顔面神経核形成機構の解析  
72. 2003/04 論文  A peptide mimetic of interferon (IFN)-beta (共著) 
73. 2002/06 その他  “Freese frame and sidewalk, mutations affecting cell migration and axonal outgrowth of the trigeminal motor neurons in zebrafish”  
74. 2002/06 その他  A novel mutation in the landlocked (11K) gene specitically affects the migration of the facial branchiomotor neurons in the developing hindbrain  
75. 2002/06 その他  Mutants defective in the epibranchial placode or the neural crest show abnormal outgrowth of the cranial motor axons  
76. 2002/05 その他  ゼブラフィッシュ突然変異体を用いた鰓弓神経節の形成機構の解析  
77. 2002/03 その他  ファージディスプレイペプチドライブラリーを用いたPQQグルコース脱水素酵素の活性を制御する15merペプチドリガンドの探索  
78. 2001/12 その他  GFP発現トランスジェニック・ゼブラフィッシュを用いた後脳運動神経細胞の軸索伸展および細胞移動に関する突然変異体の単離  
79. 2001/12 その他  ゼブラフィッシュの三叉・顔面運動神経の軸索伸展様式の解析と突然変異単離  
80. 2001/12 その他  チューブリン抗体染色法によるゼブラフィッシュ網膜分化に関わる突然変異の解析  
81. 2001/12 その他  チューブリン染色による脊椎神経回路形成に関わる突然変異体の単離・解析  
82. 2001/12 その他  視運動性眼振運動を利用した視細胞に異常のあるゼブラフィッシュ突然変異体の検出  
83. 2001/10 その他  BST-1/CD157のN結合型糖鎖が分子や機能の不均一性に与える影響  
84. 2001/10 その他  インターフェロンーβ低分子ペプチドミミックの創製ーサイトカイン中和モノクローナル抗体を標的としたファージデイスプレイランダムペプチドライブラリーのスクリーニング  
85. 2001/07 論文  Site-directed removal of n-glycosylation sites in BST-1/CD157 : effects on molecular and functional heterogeneity’ (共著) 
86. 2001/05 著書  テクノロジー開発ベンチャーゲノム医学の最先端と世界のバイオベンチャー(新井賢一、浅野茂隆
監修 ) (共著) 
87. 2001/03 論文  Site-directed removal of n-glycosylation sites in BST-1/CD157 : effects on molecular and functional heterogeneity’ (共著) 
88. 1999/10 その他  BIAcore、Isothermal Titration Calorimetryを用いた可溶性BST-1/CD157と酵素インヒビターSNP-1との結合解析  
89. 1999/09 論文  Inhibitor peptide SNP-1 binds to a soluble form of BST-1/CD157 at a 2 : 2 stoichiometry. (共著) 
90. 1999/07 論文  39-kDa receptor-associated protein (RAP) facilitates secretion and ligand binding of extracellular region of very-low density-lipoprotein receptor implications for a distinct pathway from lowdensity-lipoprotein receptor. (共著) 
91. 1999/02 論文  Novel peptide inhibitor of ecto-ADP ribosyl cyclase of bone marrow stromal cell antigen-1 (BST-1/CD157) (共著) 
92. 1998/05 論文  Expression and purification of the extracellular ligand binding region of metabotropic glutamate receptor subtype 1. (共著) 
93. 1996/08 論文  Identification from a phage display library
of peptides that
bind to toxic
shock syndrome toxin-1 and that inhibit
its binding to MHC
class II molecules. (共著) 
94. 1995/11 論文  Quantitation of anti-hepatitis C
virus antibodies in interferon-treated
patients by S29/S4 ELISA. (共著) 
95. 1994/09 論文  Immune responses of blood donors to
peptides of various l
engths and those with
genotypic sequence
variations corresponding to the N-terminal portion
of the core protein of hepatitis C virus. (共著) 
96. 1993 論文  A sensitive
serodiagnosis of hepatitis C virus (HCV)
infection with two non-
fused peptides:
comparison of
antibody responses
detected with
a newly developed
assay and a commercial
second-generation
test. (共著) 
97. 1993 論文  Molecular cloning of the immuno dominant regions of hepatitis C virus type III and IV by immunoscreening. (共著) 
98. 1992/12 論文  東レ高感度HCV抗体診断薬(ELISA)による臨床的検討 (共著)